会議録検索システムの詳しい使い方
画面を閉じる

各項目をクリックすると、内容を表示します。

・ 簡単検索
・ 詳細検索
 ・ 検索語の指定
 ・ 発言者は誰ですか
 ・ 定例会・臨時会
 ・ いつの会議ですか
・ 検索結果一覧
・ 検索の履歴

簡単検索
会議録検索システムでは、初期画面のボックスにキーワードを入力し検索実行をクリックするだけで、簡単に検索を行なうことができます。
発言内容のみを検索する場合は、発言内容から検索のチェックをオンにしてください。
キーワードを入力
※ 言葉はスペースで区切ると複数入力することができます。
画面のTopに戻る ▲
詳細検索
会議録検索システムでは以下の4つの機能を用いて、さらに詳細な検索条件を指定することができます。
4つの検索条件をすべて指定する必要はありません。
画面のTopに戻る ▲
検索語の指定
キーワードでの検索はもちろんのこと、更に同義語や、AND条件・OR条件での検索、近傍一致検索など、キーワードに対して様々な検索条件を加えることができます。
会議録検索システムの画面左に表示される[検索語の指定]をクリックします。
ことばを検索する画面が表示されます。
以下の条件の指定が完了したら検索実行をクリックします。
検索語の指定
[検索語の指定]

検索範囲を指定する

検索範囲を指定します。
現在の検索結果から絞り込む
[現在の検索結果から絞り込む]

登録されている全文書から新規に検索する
[登録されている全文書から新規に検索する]

同義語を指定する

指定した言葉に対して同義語を指定することができます。
[入力した言葉のみを探す]のチェックをオンにすると、入力した言葉のみで検索します。
[似た意味の言葉も一緒に探す]のチェックをオンにすると、同義語すべてを一緒に検索します。

[似た意味の言葉を選んでから一緒に探す]のチェックをオンにすると、検索する同義語を選択することができます。
検索実行をクリックすると[同義語の選択]画面が表示されますので、リストから指定したい同義語をクリックして選択します。

※ 複数の同義語を選択する場合は[ctrl]キーを押しながらクリックしてください。
入力した言葉のみを探す
[入力した言葉のみを探す]

似た意味の言葉も一緒に探す
[似た意味の言葉も一緒に探す]

似た意味の言葉を選んでから一緒に探す
[似た意味の言葉を選んでから一緒に探す]

同義語の選択
[同義語の選択]

AND条件・OR条件を指定する

・AND条件で検索する
[言葉をすべて含む文書を探す]のチェックをオンにします。
・OR条件で検索する
[言葉がどれか一つでもある文書を探す]のチェックをオンにします。
言葉をすべて含む文書を探す
[言葉をすべて含む文書を探す]

言葉がどれか一つでもある文書を探す
[言葉がどれか一つでもある文書を探す]

近傍一致検索をする

近傍一致検索を用いるとキーワードとキーワードの文字間隔を検索条件に指定することができます。
[近傍一致検索を使用する]をクリックすると、近傍一致検索の指定画面が表示されます。
ボックスに言葉を一つずつ入力します。
[近くに現れる]のチェックをオンにして、ボックスの中に文字間隔を指定します。
また、[この順に現れる]のチェックをオンにすると、指定した言葉の順に現れる発言のみが検索結果として取得されます。

入力した言葉の同義語を指定して検索することもできます。
ボックス下にある[全選択]のチェックをオンにすると、すべての同義語を一緒に検索します。
[展開]のチェックをオンにすると、検索する同義語を指定することができます。[同義語の選択]画面から指定したい同義語を選択してください。
[解除]のチェックをオンにすると、入力した言葉のみで検索します。
近傍一致検索を使用する
[近傍一致検索を使用する]

言葉を入力
[言葉を入力]

近くに現れる
[近くに現れる]

この順に現れる
[この順に現れる]

画面のTopに戻る ▲
発言者は誰ですか
発言者の氏名や役職を検索条件に指定することができます。
会議録検索システムの画面左に表示される[発言者は誰ですか]をクリックします。
発言者を検索する画面が表示されます。
以下の条件の指定が完了したら検索実行をクリックします。

[発言者は誰ですか]

検索範囲を指定する

検索範囲を指定します。
現在の検索結果から絞り込む
[現在の検索結果から絞り込む]

登録されている全文書から新規に検索する
[登録されている全文書から新規に検索する]

発言者の名前・役職を指定する

・発言者の名前で検索する
[議員]のリストから、名前をクリックで選択します。
[名前]のチェックがオンになります。

[出席説明員(名前)]のリストから、名前をクリックで選択します。
[名前]のチェックがオンになります。
・発言者の役職で検索する
[出席説明員(役職)]のリストから、出席説明員をクリックで選択します。
[役職]のチェックがオンになります。
※ 発言者の名前・役職をリストからクリックで選択すると、リストの上部のボックスに、指定した発言者の名前・役職が自動的に入力されます。
もし自動的に入力が行なわれない場合は、キーボードから直接ボックスに入力を行なって下さい。
※ 同一リスト内の発言者は複数選択することができます。[ctrl]キーを押しながら発言者名をクリックしてください。
名前
[名前]
議員リスト 出席説明員(名前)リスト
[議員リスト] [出席説明員(名前)リスト]
役職
[役職]
出席説明員(役職)リスト
[出席説明員(役職)]
画面のTopに戻る ▲
定例会・臨時会
会議名や分類を検索条件に指定することができます。
会議録検索システムの画面左に表示される[定例会・臨時会]をクリックします。
会議の種類を検索する画面が表示されます。
以下の条件の指定が完了したら検索実行をクリックします。

[定例会・臨時会]

検索範囲を指定する

検索範囲を指定します。
現在の検索結果から絞り込む
[現在の検索結果から絞り込む]

登録されている全文書から新規に検索する
[登録されている全文書から新規に検索する]

会議名・分類を指定する

・会議名を指定する
[会議名]リストから検索対象の会議名をクリックします。
・分類を指定する
[分類]リストから検索対象の分類をクリックします。

※ 何も選択していない状態では、すべての会議が検索対象になります。
※[会議名]、[分類]ともに複数の条件を選択できます。[ctrl]キーを押しながら会議名または分類をクリックしてください。
会議名リスト 分類リスト
[会議名リスト] [分類リスト]
画面のTopに戻る ▲
いつの会議ですか
会議の期間を検索条件に指定することができます。
会議録検索システムの画面左に表示される[いつの会議ですか]をクリックします。
期間を検索する画面が表示されます。
以下の条件の指定が完了したら検索実行をクリックします。

[いつの会議ですか]

検索範囲を指定する

検索範囲を指定します。
現在の検索結果から絞り込む
[現在の検索結果から絞り込む]

登録されている全文書から新規に検索する
[登録されている全文書から新規に検索する]

いつから・いつまでを指定する

・いつからを指定する
[いつから]ボックスで日付の範囲を指定します。
・いつまでを指定する
[いつまで]ボックスで日付の範囲を指定します。

※ 日付はゆとりをもって指定すると、効率的な検索を行なうことができます。
いつから
[いつから]
いつまで
[いつまで]

同じ期間でやり直し

期間を指定して検索した後、各画面の[同じ期間でやり直し]をクリックすると、初期画面へ戻ります。
もう一度検索する際に、以前指定した期間の条件を残したまま、新たな条件を指定することができます。
同じ期間でやり直し
[同じ期間でやり直し]

画面のTopに戻る ▲
検索結果一覧
検索結果一覧画面では、検索条件に対応した検索結果が表示されます。
その検索結果に対してさらに絞り込み検索を行うこともできます。
 

現在の検索条件

画面上部に、該当した文書の件数と現在の検索条件が表示されています。
探していた部分が見つからなかった場合や、条件を絞り込みすぎてしまった場合は、各検索条件の冒頭にある削除ボタンをクリックして検索条件を削除してください。
現在の検索結果から絞り込む
[現在の検索条件]

ことばで絞り込む

現在の検索条件にキーワードを追加して、検索結果を絞り込むことができます。
ボックスにキーワードを入力して検索実行をクリックしてください。
ことばで絞り込む
[ことばで絞り込む]

検索結果一覧の表示方法

・発言者名の表示・非表示
検索語または発言者の条件を指定して検索した場合、検索結果一覧に該当した発言者名が表示されます。
[文書名のみ表示]をクリックすると、文書名のみの表示に切り替えることができます。
[ヒットした発言者名を表示]をクリックすると、発言者名を表示します。

・検索結果の表示順を変更する
検索結果一覧の表示は昇順(新しい文書から表示)、降順(古い文書から表示)を選択することができます。[新しい文書から表示する][古い文書から表示する]をクリックすると、表示を切り替えることができます。

※ 初期表示は新しい文書からの一覧になっています。

ヒットした発言者名を表示
[ヒットした発言者名を表示]

文書名のみ表示
[文書名のみ表示]

新しい文書から表示する
[新しい文書から表示する]

古い文書から表示する
[古い文書から表示する]

ボタンの機能

検索結果一覧のページ移動は、次の3つのボタンで行うこともできます。
一覧の先頭
[検索結果一覧の先頭ページを表示します]

前の一覧
[検索結果一覧の前のページを表示します]

次の一覧
[検索結果一覧の次のページを表示します]

画面のTopに戻る ▲
検索の履歴
何度も検索をする場合は過去の検索条件を使用して検索することができます。

一度検索を行うと、初期画面左に[検索の履歴]ボタンが表示されます。クリックすると検索履歴の一覧が表示されます。
使用したい履歴のチェックをオンにして、
選択をクリックしてください。過去に行った検索と同じ条件で検索することができます。
検索履歴を使用しない場合は画面上部の[検索履歴の条件を使用しない]のチェックをオンにしてください。

※ 検索を一度も行っていない場合は[検索の履歴]ボタンは表示されません。
検索の履歴
[検索の履歴]
検索履歴を選択
[検索履歴を選択]
検索履歴の条件を使用しない
[検索履歴の条件を使用しない]
画面のTopに戻る ▲


画面を閉じる